研究.net

研究.net ホーム > お仕事図鑑 > 化粧品開発のお仕事

お仕事図鑑

バイオ系化粧品開発のお仕事

【化粧品開発のお仕事とは】

研究所・企業などの製品開発部門で化粧品の開発・品質管理・品質向上・開発などに携わるお仕事です。
これまで作られた製品や他社の製品と比較しながら、消費者のニーズに合った新しい製品を開発していきます。口紅、ファンデーションやマニキュアなどといった製品を作るための美的感覚やメイクアップの知識だけでなく、皮膚科学や細胞生物学といった肌に関する幅広い知識を習得する必要があります。
またそれだけでなく、製品の高い安全性を維持するため、薬事法などの法律を理解し、同時に倫理観ももたなければいけません。非常に高度な知識を有することが求められるのです。

【実際の化粧品開発のプロセス】

1. 市場調査
化粧品開発は常に消費者のニーズや流行などを先読みして行う必要があります。 そのために何よりもまず情報収集が重要なのです。
2. コンセプトの設定
集めた情報を元に、今回ターゲットとする対象を絞り込み、商品のコンセプトを設定します。
3. 処方開発
1つの商品に対して、3〜4回、場合によっては10回以上の試作品を作り、中身の成分を確定します。
4. 臨床試験
商品の使用感に対するモニターアンケートの実施や、安定性の試験、さらには第3者機関によるチェックも行われます。
5. 生産
容器のデザインなどを決め、生産ラインに乗ります。
こうしていよいよ販売され、わたしたち消費者の手元に届くのです。化粧品の種類や医薬部外品かによってもプロセスは大きく異なりますが、「3.処方開発」と「4.臨床試験」の工程は何度も繰り返されることもあります。

【この仕事に就くには】

進路は、主に短大・大学・専門学校などを卒業した後、化粧品関連の会社に入社して、開発の部署に配属されるという流れが一般的です。
この仕事に関する公式資格などはありませんが、医学や化学といったジャンルの知識は大いに必要です。

【持っていると実務・就職活動に役立つ資格】

・化粧品製造所責任技術者
・危険物取扱者乙種4類
・国内化粧品管理人
・上級・中級バイオ技術者認定試験
・特定化学物質等作業主任者
・毒物劇物取扱責任者
・有機溶剤作業主任者

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室