企業R&Dデータベース 検索結果詳細

株式会社秋川牧園

企業Webサイトへda

会社概要

事業内容

研究開発

特許

文献


当社グループは、昭和47年に健康・安全な食づくりをスタートして以来、若鶏の無投薬飼育、全植物性飼料の開発、有機塩素系化学物質の畜産物への残留の改善、ポストハーベスト無農薬コーンの開発輸入、飼料原料の非遺伝子組み換え化、野菜の無農薬栽培技術の開発など、一般には非常に困難とされていた食の安全性上の課題を技術開発を進めることによってクリアし、消費者から大きな評価をいただいてきました。
一方、近年では高齢者の増加を一つの背景として、健康意識の高い人が増加していますが、健康の基本となる日々口にする食べ物の中身や、栄養バランスのとれた健康的な食べ方にまで、十分に注意して取り組む人はまだまだ少数派です。
当社グループは、今まで培った食の安心・安全に対するノウハウを強みとしつつ、さらに消費者の健康に向けて、よりトータルに提案できる会社を目指し、研究開発を推進していきたいと考えております。
また、世界的に食糧不足のリスクが高まる中、飼料原料の多くを輸入に依存する日本の畜産業界にあって、飼料の自給率を高めるための研究開発を進めることは、長期的な安定生産のためにも重要なテーマであると認識しております。
当連結会計年度の主要な研究テーマと活動状況は次のとおりで、研究開発費の総額は32,701千円であります。
 
(1)生産卸売事業
(若鶏等の飼育技術の開発)
当社グループでは、若鶏、採卵鶏、乳牛等の家畜の飼育における生産性と品質の向上を目指し、研究開発を進めています。その中でも主力の若鶏につきましては、鶏の腸内細菌叢の改善に向けての技術開発や、大腸菌症の種類や感染経路の特定、より効果的な防疫対策についての研究をしております。
 
(飼料栽培と活用に関する開発)
当社グループでは、飼料の原材料の国産自給率向上を目指して、飼料米の専用品種を採用しての多収穫試験栽培や、飼料米を実際に飼料に配合しての家畜の飼育実験などの研究開発を進めています。また、自家生産する乳牛用の粗飼料についても、多収穫と牧草の品質の両立に向けての研究開発を進めています。
 
(新商品の開発)
当社グループでは、自らが生産を行うことの強みを活かして、近年、生産を開始した「全植たまご」、「全植若鶏」のように、飼料の中身や飼育・栽培方法から差別化できる商品の開発を行っております。
また、当社グループが生産する素材(鶏肉、鶏卵、牛乳など)を活かした加工品の開発を積極的に進めていき、ブランド力を向上させていきたいと考えています。
 
(2)直販事業
(生活提案)
食の安心・安全の重要性は、誰もが認識する時代となりましたが、食の安全性と健康との関係のより正しい理解や、栄養や家計までを考えた献立の実践はまだまだ不十分な状況にあります。そこで、消費者と直接接点のある宅配事業において、「健康」をメインのコンセプトに、食の安全性の重要性に関する情報発信、栄養バランスと家計面の両立を可能とする献立提案、健康な食べ方を支援する商品開発などを通して「生活提案」のモデルづくりに取り組んでおります。

【研究開発】

生産卸売 直販

生産卸売

単位:百万円、人
2012年3月 2013年3月 2014年3月 2015年3月 2016年3月
売上高 - - 3,831
(100%)
4,066
(100%)
4,234
(100%)
研究開発費 - - - - -
従業員数 - - - 194 202
()内は対売上高比率

直販

単位:百万円、人
2012年3月 2013年3月 2014年3月 2015年3月 2016年3月
売上高 641
(100%)
655
(100%)
725
(100%)
765
(100%)
997
(100%)
研究開発費 - - - - -
従業員数 35 35 40 37 41
()内は対売上高比率
※この情報は有価証券報告書から転載しています。
 企業情報については原則として2016年03月期の有価証券報告書に記載されている情報です。
 最新の情報については企業のWebサイト等でご確認ください。
 数値は連結財務諸表より引用しています。地域、事業内容などのセグメントに変更がない場合、
 最大5期前までの推移も合わせて掲載しています。

【PR】  有機化学品の受託製造サービスはWDB機能化学



企業R&Dデータベースへのご意見をお寄せください。

企業R&Dデータベースへのご意見・ご感想を受け付けています。
今後のデータベースの充実や改善に役立てていきます。
送信フォームを開く
PAGE TOP

ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート
J-GLOBAL
WDB機能化学株式会社

研究.netとはリンクについてサイトマップWDB株式会社Copyright (C) WDB Co.,Ltd. All rights Reserved.

企業R&Dデータベース