研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > 結合エネルギー

研究用語辞典トップに戻る

バイオ系の用語結合エネルギー

【結合エネルギーとは】

1molの原子間の結合を切るために必要なエネルギーのことです。結合の強さを表す尺度で強い結合ほど大きな値になります。また、結合エネルギーはばらばらになっている原子が結合するときに放出するエネルギーであるともいえます。たとえば、O=Oの結合が498kJ/molであるということは、O=Oの結合1molを切るために494kJを放出する、もしくは、ばらばらのO原子を 結合するために494kJが必要であるということです。

1molのメタンが燃える場合、C-H結合4molとO=O結合 2molを切るために2,632kJのエネルギーを必要とし、2molのC=O結合と4molのH-O結合が生じるときに3,434kJを放出します。したがって802KJのエネルギーが出てきます。結合の強さでいえば、弱い結合が切れて、より強い結合にするために発熱しているといえます。

【メタンが燃焼する際の化学式】

結合エネルギー

メタン分子も酸素分子も飛び回っているので、それを混ぜると衝突します。それにより、C-HやO=O結合が切れれば燃焼が始まるが、常温では分子の速度が小さいため結合がなかなか切れません。そこでマッチなどの火のエネルギーで分子を加速し、より激しく衝突させて結合を切る必要があります。このように反応を始めるために必要なエネルギーを活性化エネルギーといいます。

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室