研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > 制限酵素

研究用語辞典トップに戻る

バイオ系の用語制限酵素

【制限酵素】

制限酵素は1968年にウェルナー・アーバーとハミルトン・スミスによって発見されたDNA塩基配列を特異的に切断する酵素です。大腸菌のある種の株でファージの増殖が制限されることが発見のきっかけとなったため制限酵素と名付けられました。現在では2本鎖のDNAを切断する酵素を「制限酵素」として定義しています。制限酵素の発見により大腸菌のDNAにヒトのDNAを組み込ませるような遺伝子組み換えが可能となりました。
制限酵素は必須因子や切断様式によりT〜V型の3種類に大別されます。そのうちの切断箇所の再現性が高いU型酵素が遺伝子組み換えに多用されています。各々の制限酵素が切断するDNAの塩基配列は決まっており、その多くがパリンドローム(回文)と呼ばれる配列をしています。パリンドロームとはDNAの塩基配列に関して、二重鎖の一方を読んだ場合と、もう一方(相補鎖)を逆向きに読んだ配列順序が同じになる構造をいいます。

【制限酵素の例】

細胞周期

【どんなところで使われているのか】

遺伝子のクローニングやサザンブロットなどに使用されます。またPCR法と組み合わせることで親子診断に応用することも可能です。

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室