研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > 細胞周期

研究用語辞典トップに戻る

バイオ系の用語細胞周期

【細胞周期とは】

細胞周期(Cell Cycle)とは細胞が増えるとき、細胞分裂が生じ、細胞分裂で生じた細胞(娘細胞)が再び細胞分裂を行う細胞(母細胞)となって新しい娘細胞を生み出す過程のことです。主に酵母の変異株を用いた研究でその制御機構が明らかにされました。細胞はG1, S, G2, M期という過程を経て増殖します。
G1期はDNA合成準備期とも呼ばれG1チェックポイントなどの機構によって細胞分裂を進行するかを判断し、S期ではDNAの複製が行われます。G2期では細胞が分裂するための準備が行われ、M期で細胞が分裂を開始します。この一連の流れを細胞周期といいます。

【G0期の重要性】

細胞が常に増殖しているのかというとそうではありません。細胞増殖の調節を考えたとき、多くの細胞はG0期にとどまり細胞分裂を停止します(下図参照)。G0期とは増殖能力は保ちつつも細胞分裂を停止している状態のことを指します。実は、体内に存在する細胞のほとんどはG0期にとどまっており、増殖を停止しています。
これは細胞が接触しているために生じる性質として考えられておりコンタクトインヒビション(細胞の接触障害)と呼ばれています。これによって臓器が過剰に大きくなったりすることを防止しています。
しかしながら、がん細胞ではG0期にとどまることはせず無制限に増殖を続けます。このためがん組織が膨らみ続けひずみが生じ、組織が破損してしまうため激しい痛み(疼痛)を生じます。がん細胞と正常細胞の違いはG0期にとどまる能力があるかないかとも考えることができます。
細胞周期

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室