研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > ポリ乳酸

研究用語辞典トップに戻る

話題の用語ポリ乳酸

【ポリ乳酸とは】

植物由来プラスチックとして知られているポリ乳酸(Polyactic Acid、Polyactide:PLA)は、石油由来プラスチックの代替材料として注目を浴びています。マルチシート、ハウス用フィルム、レジ袋などに用いられています。
ポリ乳酸は、トウモロコシ、イモ類、サトウキビなどの植物から取り出したでんぷんを酵素の働きでグルコースにし、それを乳酸発酵して得られた乳酸をモノマーとして重合させて合成するポリマーです。
乳酸には、L-体とD-体の二つの光学異性体がありますが、L-体の乳酸から得られるポリマーの方が優れた特性を示すため、L-乳酸が合成原料になっています。

【ポリ乳酸の特性】

透明性が高く、剛性および引っ張り強度も高いですが、耐熱性と耐衝撃性が低いです。
また、環境中での水分により加水分解を受け、低分子化し、微生物によって最終的に水と二酸化炭素に分解されるという特性があります。このポリ乳酸などの生分解性プラスチックを分解、燃焼させた際に二酸化炭素が発生します。
しかし、この時発生した二酸化炭素はもとが植物由来であるため、全体で見て地球温暖化の原因とされる二酸化炭素の量を増やすことがありません。このような性質をカーボンニュートラルと呼びます。

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室