研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > エンプラ・スーパーエンプラ

研究用語辞典トップに戻る

化学系の用語エンプラ・スーパーエンプラ

様々な機能を強化した合成樹脂の総称をエンジニアプラスチック(エンプラ)と呼びます。
定義はまちまちですが、エンプラ技術連合会では「構造用及び機械部材に適合している高性能プラスチックで、主に工業用途に使用されるもので、耐熱性が100度以上のもの」と定義しています。
ポリアセタール(POM)、ポリアミド(PA)、ポリカーボネート(PC)、変性ポリフェニレンエーテル(m-PPE)、ポリブチレンテレフタレート(PBT)が5大汎用エンプラと称されています。また、エンプラのさらに上を行くスーパーエンジニアプラスチック(スーパーエンプラ)と称されるものもあり、これは「耐熱性が150度以上のもの」と定義されます。

【5大汎用エンプラの性状と特性】

ポリアセタール(POM)
ポリアミド(PA)
ポリカーボネート(PC)
配向性に基づく区分 結晶性樹脂 結晶性樹脂 非結晶性樹脂
特性 耐薬品性や耐クリープ性に優れる。吸水性も低く、寸法安定性に優れる。耐疲労性が高い。 吸水性が高いため、寸法安定性に欠けるが、耐衝撃性・耐薬品性・耐摩擦・摩耗性、ガスバリヤー性に優れる。 薬品には弱い点はあるが、透明性に優れるほか、寸法安定性、耐衝撃性、難燃性、耐熱性に優れる。
分野(用途) 電気・電子(DVDなど)、 自動車関連 射出成形、押出し成形関連(フィルムなど) 電気・電子、光学特性によるCD・DVD関連、シート分野(フィルム)
変性ポリフェニレンエーテル(m-PPE)
ポリブチレンテレフタレート(PBT)
配向性に基づく区分 非結晶性樹脂 結晶性樹脂
特性 広い温度範囲で機械的性質が安定。比重、吸水率が汎用エンプラの中でも最小クラス。耐熱水性に優れる。 強靭で剛性が高い、耐熱性、耐熱老化性、耐薬品性、耐候性に優れ、強靭で剛性の高い樹脂。汎用エンプラの中でも新しい樹脂の一つ。
分野(用途) OA機器(複写機、パソコン、ファックスなど) 電気・電子及び自動車関連
研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室