研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > エラストマー

研究用語辞典トップに戻る

化学系の用語エラストマー

【エラストマーとは】

エラストマーとは、elastic polymerを組み合わせた造語であり、ゴム状弾性(エントロピー弾性)を示す高分子のこと
です。
ゴムは可塑性エラストマー(熱硬化性エラストマー;Thermosetting Elastomer)の一種であり、他に熱可塑性エラストマー(TPE:Thermoplastic Elastomer)があります。
このTPEは架橋を持たず、ハードセグメントとソフトセグメントが化学結合で連結した(ブロック共重合体)型とそれらが分散しているブレンド型があります。
可塑性エラストマーゴムに比べ、加熱すると流動性が発現するため、他のプラスチック材料と同様に成型・加工が容易なことから、多くのものに利用されています。
可塑性エラストマーにはスチレン系、塩化ビニル系、オレフィン系、ウレタン系など、様々な種類が存在します。

ゴムの構成模式図 TPE(ブレンド型)構成模式図

【エラストマーの実用動向】

熱可塑性エラストマーは耐熱老化性、耐薬品性などに優れ、自動車用部品、電気・電子部品、工業部品やスチレン系であれば医療用のチューブやシリンジなど様々な分野で使用されています。
可塑性エラストマーであるスチレン系ゴムは、耐熱性。耐摩擦性・耐老化性などの優れており、自動車用タイヤ材として用いられています。

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室