研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > 重合反応

研究用語辞典トップに戻る

化学系の用語重合反応

【重合反応とは】

重合反応とはモノマー(単量体)やポリマー(重合体)を反応させて繋ぎ合わせ、目的のポリマーを合成する化学反応のことをいいます。
元となるモノマーやポリマー、目的とするポリマーの種類や形状により、様々な重合方法が存在します。
反応経路の違いにより、逐次重合と連鎖重合の2つに大別されます。

【逐次重合】

逐次重合とは、モノマーまたはポリマーが有する官能基が反応し、次第に高分子化していく重合反応のことです。
反応の進行に伴って分子量が増大していくという特徴があります。
重縮合(縮合重合、縮重合)、付加縮合などがこれにあたります。

【連鎖重合】

官能基などを持たないモノマーは、単体だけでの重合反応が困難なため、開始剤を添加して反応を促します。
重合活性種が次々と反応していくため、連鎖重合と呼ばれています。
連鎖重合にはラジカル重合とイオン重合があり、開始剤の他にも目的の高分子によって分散剤や乳化剤などを添加することもあります。
反応は速やかに進行して高分子のポリマーが得られるため、反応時間にかかわらず、分子量はあまり変化しま
せん。

【重合反応の実用動向】

重合反応は一般的に利用されているナイロンやポリエステルなどの繊維、プラスチック、合成ゴムなどにも使用されています。
他にも医療、電子材料などの分野で用いられる特殊な効果を持つ機能性高分子など、幅広い分野で用いられている技術です。

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室