研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > クリーンベンチ

研究用語辞典トップに戻る

バイオ系の用語クリーンベンチ

【クリーンベンチとは】

クリーンベンチとは細胞や微生物を取り扱う際に、埃や雑菌の混入(コンタミネーション)を防ぎ、無菌状態で作業するための装置です。安全キャビネットが、装置内部の菌や微生物が空気中に漏れることを防ぐ装置であるのに対して、クリーンベンチは外部の雑菌が装置内に入ることを防ぎます。

【クリーンベンチの原理】

クリーンベンチは箱型の装置で、手を装置内に差し入れて作業をします。外部から吸気し、その空気を浄化して装置内部に送り込んでいます。安全キャビネットと異なり、クリーンベンチは内部を陽圧にして、空気を外に押し出します。
クリーンベンチには正面壁面から空気を吹き出す水平送風型と、天井面から下に空気を吹き出す垂直送風型の二種類があります。水平送風の場合、作業をしている腕や器具の周辺に空気が滞留し、十分な無菌処理が出来ないことがあります。従って、培養等無菌操作には垂直送風型のクリーンベンチが汎用されています。

【クリーンベンチの実用動向】

医薬品分野では微生物の培養、細胞培養、医薬品の調整に用いられ、化成品分野では半導体、液晶、電子部品、精密機器の作製などに用いられます。

垂直送風型クリーンベンチ
研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室