研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > イオンクロマトグラフ

研究用語辞典トップに戻る

化学系の用語イオンクロマトグラフ

【イオンクロマトグラフとは】

イオンクロマトグラフは液体クロマトグラフの一種で、無機イオンや有機酸などのイオン性物質やタンパク質,核酸,アミノ酸など電荷を持つ分子を含むサンプルの定性・定量を行う装置です。
電荷をもつ物質の分離・精製、分析には概ねこの方法を用いることができるため、有機化学,食品栄養学,生化学など幅広い分野で使用されています。イオンクロマトグラフは固定相としてイオン交換体を用います。
物質の電荷の強さにより、イオン交換体上に留まる時間が異なることを利用して、サンプル中の物質を分離します。
基本的な機器の構成はHPLCと同様ですが、イオン性物質測定にはカラム部と検出部の間にサプレッサー部を持つものがよく使われます。検出器に電気伝導度検出器を用いることが多く、移動相中に元から含まれているイオンをサプレッサー部で排除し、検出感度を増します。
分離された溶液の電気伝導度を測定することによって、移動相のみを流した場合との電気伝導度の差から、対象とするサンプル中の物質の定性・定量分析を行います。
また、アミノ酸などの荷電を持つ物質の場合には、吸光度検出器や他の検出法を用います。

【イオンクロマトグラフが使用される分野】

環境分野では水質分析に用いられ、医薬品分野では、合成したタンパク質の分離・精製や品質管理の手法として利用されます。また、工業化学の分野では、ウェハ表面の付着物の分析などに用いられます。

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室