研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > アプタマー

研究用語辞典トップに戻る

バイオ系の用語アプタマー

【アプタマーとは】

アプタマーとは、特定の物質と特異的に結合する核酸分子のことで、細胞や蛋白質の機能を阻害します。
増殖因子、酵素、受容体、ウイルスタンパク質などさまざまなタンパク質の他、金属イオンなどと結合するものがあることも分かっています。
アプタマーはその結合対象の多様性と、抗体よりも高い特異性により、医薬分野での注目を集めています。

【アプタマーの配列決定】

アプタマーの塩基配列はSELEX (Systematic Evolution of Ligands by EXponential enrichment)法という操作によって決定されます。
まず、ランダムな塩基配列を持つ核酸群の中から標的となる蛋白質に結合する配列を選択し、増幅します。その後、再び選択と増幅を繰り返し行い、特異性の高い配列を探索していきます。

【実用動向】

アプタマーは大量の合成が可能で、また生体作用の仕組みが単純です。
このメリットと細胞や蛋白質への阻害効果を利用して、構造プロテオミクス、ターゲット解析、疾患の治療薬などへの応用が検討されています。 すでに医薬として認可を受けたアプタマーもあります。
初めてアプタマー治療薬として承認されたのは、血管内皮新生因子に対するRNAアプタマーを用いた加齢黄斑変性症の治療薬です。このように、これまで治療が困難とされてきた多くの疾患に対し、高い特異性や親和性などの、抗体治療薬にない特性を持ったアプタマー医薬の更なる開発が期待されています。

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室