研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > 好気性生物と嫌気性生物

研究用語辞典トップに戻る

バイオ系の用語好気性生物と嫌気性生物

【好気性生物と嫌気性生物】

酸素は地球上の化学物質の中で、特に安定しない物質で、化学反応を起こしやすい物質です。生物はこうした酸素を、呼吸という行為で体の中に取り込み、化学反応を起こしてエネルギーを得ています。しかし一方で、酸素を好まない生物もいます。
好気性生物とは、酸素を利用した代謝機構を備えた生物のことです。
細胞が呼吸を行う過程で、たとえば糖や脂質のような基質を酸化してエネルギーを得るために酸素を利用します。ほとんどすべての動物、真菌類、そしていくつかの細菌は偏性好気性です。
嫌気性生物とは、増殖に酸素を必要としない生物のことで、ほとんどの嫌気性生物は細菌です。
代表的なものは、嫌気性バクテリアとよばれるもので、地中や海中など酸素のない場所に生息しています。人の腸の中に生息するビフィズス菌も嫌気性の菌になります。
また、いくつかの嫌気性細菌は、人を含む高等生物に対して極めて危険な毒素(たとえば破傷風毒素やボツリヌス毒素のような)を産生することが知られています。
嫌気性生物はその生息過程で酸素を必要としないため、急激な活動はできませんが、分解活動を行って有機物を分解し、物質の浄化に役立っています。
このように地球上では好気性と嫌気性の生物が共存して程よい環境を作り出しています。

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室