研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > X線結晶構造解析

研究用語辞典トップに戻る

バイオ系の用語X線結晶構造解析

【X線結晶構造解析とは】

X線結晶構造解析とは、散乱されたX線を観測することで、物質の中の電子の分布、すなわち、物質の3次元構造を知る手法のことです。
1912年にマックス・フォン・ラウエが、X線が結晶格子によって回折(媒質中を伝わる波動に対し障害物が存在する時、波がその障害物の背後などに回り込んで伝わっていくこと)をされる現象を発見し、X線の正体が波長の短い電磁波であることを明らかにしました。
この回折の結果を解析して結晶内部で原子がどのように配列しているかを決定することが可能です。

【構造解析の分野】

X線結晶構造解析などの手法を利用して、結晶の幾何学的な特徴や、光学的な性質、物理的な性質、化学的性質等を研究する構造解析の分野があります。
例えば生物を形作る巨大な生体高分子、特にタンパク質や核酸の立体構造を研究することで、生物機能の仕組み(原理)を、その立体構造に基づいて明らかにすることができます。
X線結晶構造解析のほかに、シンクロトロン放射光結晶構造解析やNMR(核磁気共鳴)といった手法がとられます。

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室