研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > セルロース

研究用語辞典トップに戻る

バイオ系の用語セルロース

【セルロースとは】

セルロース(cellulose)とは、多数の−グルコース分子がグリコシド結合により直鎖状に重合した天然の高分子化合物の一種で、職部の細胞壁及び繊維の主成分です。ごぼうや豆類などといった野菜に含まれています。植物はすべてセルロースを主構成成分として含んでおり、地球上でもっとも多く存在する炭水化物です。
天然の高分子物質で、水や熱水に溶けず、人間は消化分解することができません。
ただ、セルロース溶剤とよばれるいくつかの溶剤があり、また、誘導体化により溶媒溶解性を付与することも可能です。

【セルロースの利用】

セルロースは紙・パルプ・衣料用繊維など工業的にも広く利用され、人類との関わりも古く、様々な形で活用されています。

再生繊維
綿やパルプから採取されたセルロースは短い繊維状になっていますが、化学処理を加えて溶解させることで、長い繊維状のセルロースとして再生可能になります。

レーヨン
レーヨンはセルロースを原料にして作られる人工繊維です。
最近は、木材のセルロースを原料としてテンセルという繊維も作られています。

皮膜形成剤
水で溶かすと粘りを増す作用があり、増粘剤として使用され、強靭で柔軟な被膜を形成する働きがあります。口紅やマニキュアなどの皮膜形成剤として使用されています。

綿火薬
セルロースを硝酸で処理するとニトロセルロースとなります。これはセルロースの硝酸エステルで、加熱や衝撃を与えることで爆発します。
煙を出さない無煙火薬の原料の一つとして用いられていますが、もともとは綿をセルロースの原料としていたので、綿火薬と呼ばれます。

セルロイド
セルロイドはニトロセルロースにショウノウを混ぜて作られたプラスチックの一種で、人形・お面などの玩具やフィルム材料として使われてきました。 とても燃えやすい材料のため、現在ではセルロイドに替わって、「アセチルセルロース(酢酸セルロース)」としての利用が主要となっています。

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室