研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > メタンハイドレート

研究用語辞典トップに戻る

話題の用語メタンハイドレート

【メタンハイドレートとは】

メタンを中心にして周囲を水分子がかご状の構造を作って囲んだ形になっている固体結晶です。
低温かつ高圧の条件下で、水分子は立体のかご状の構造を作り、内部の隙間にメタン分子が入り込み結晶になっています。見た目は氷状ですがメタンが燃えるため、「燃える氷」と呼ばれます。低温高圧の条件下で存在するためメタンハイドレートは、自身の体積の中に約160-170倍のメタンガスが含まれています。

【注目の資源】

メタンハイドレートは低温高圧の条件下で存在するため、永久凍土の下部や深度500m以深の深海地層中に存在しています。日本周辺では、四国沖や十勝・日高沖などに存在していると推定されており、自国で産出可能なエネルギー資源として注目されています。
日本近海に存在しているメタンハイドレートは、およそ東京ドーム約600万杯分(7兆4000億立方メートル)と推定されています。
これは日本の天然ガス使用量の100年分以上にも相当し、有効な採取方法が開発が期待されています。

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室