研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > フローサイトメトリー

研究用語辞典トップに戻る

バイオ系の用語フローサイトメトリー

【フローサイトメトリーとは】

細胞を懸濁させた液体を細胞が一列になるように流れている状態にし、それにレーザー光を当てて反射する光を測定し、光の強さを電気信号に置き換えて定量化し、細胞一つ一つの情報を自動的にサンプリングする方法です。
細胞1個1個の相対的大きさや形状、内部構造の違い、細胞の同定や細胞群を構成する種々の細胞の存在比を短時間で解析することができます。
また、細胞を蛍光抗体で標識することによって細胞表面にある抗原量を定量的に測定することもでき、細胞の形態の差としては現れない細胞の性質の差を識別することが出来ます。
また、液滴となった細胞懸濁液に電荷を与えることで、性質の異なる細胞を分取することも可能です。

【FACSとは】

「FACS」はベクトン・ディッキンソン社のフローサイトメトリー装置の登録商標ですが、発音しやすいことから、フローサイトメトリーのほぼ同義語として広く利用されています。

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室