研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > in vitroとin vivo

研究用語辞典トップに戻る

バイオ系の用語in vitroin vivo

in vitro(イン・ビトロ)とは、“試験管内で(の)”という意味で、試験管や培養器などの中でヒトや動物の組織を用いて、体内と同様の環境を人工的に作り、薬物の反応を検出する試験のことを指します。
分子生物学の実験などにおいて用いられます。
in vitroの語源はラテン語で「ガラスの中で」という意味です。
培養器内の培地や試験管内の内容物の種類や量がすべて明らかで、分からない条件がほとんど無い場合に特に有効です。
in vivo(イン・ビボ)とは、“生体内で(の)”という意味で、マウスなどの実験動物を用い、生体内に直接被験物質を投与し、生体内や細胞内での薬物の反応を検出する試験のことを指します。
in vivoの由来はラテン語です。特に非臨床試験(前臨床試験)において用いられる試験です。
in vivoでの試験の場合、実験の条件が人為的にコントロールされていない、という意味になります。
例えば細胞内での反応などが当てはまります。
生化学や分子生物学などの分野において、生体内で反応が起きていることを、対義語であるin vitroと対比するためにin vivoとつけて示すことが多いです。

in vitroin vivoの違い】

in vivoin vitroの区別は専門分野で異なり、例えば内分泌や環境化学等の暴露実験では、マウス等に直接薬品を投与をした場合にin vivoという表現を使用し、組織や細胞をシャーレや試験管で暴露させた場合に、in vitroという表現を使用します。
また、細胞生物学や分子生物学の分野では、培養した細胞を扱えばin vivo、細胞から取り出した細胞内機関や物質を扱えばin vitroという場合が多くなります。どこまでを生命と見なすかの違いによって区別されます。

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室