研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > DNAシークエンシング

研究用語辞典トップに戻る

バイオ系の用語DNAシークエンシング

【DNAシークエンシングとは】

DNAシークエンシングとは、アデニン(A)、チミン(T)、グアニン(G)、シトシン(C)からなるDNAの塩基配列を決定することです。
1977年に開発されたサンガー法を基にした手法が、現在広く使われています。DNAシークエンシングの自動化により、大量に処理が出来るようになり、DNAの全配列を決定するゲノムプロジェクトが可能になりました。
DNAシークエンシングの技術は、ミクロな生物学のみならず、分類学や生態学のようなマクロな生物学でも使用されています。
また、医学分野でも遺伝病や感染症の診断や治療法の開発などに役立っています。

【DNAシークエンシングの方法】

PCRを用いて標的となるDNAを増幅する際に、低濃度のターミネーター(DNA合成を停止するダイデオキシヌクレオチド)を入れておくことで、様々な長さのDNA断片を作製します。
この際に、デオキシリボヌクレオチド、プライマー、ターミネーターのいずれかを放射性標識もしくは蛍光標識しておき、増幅された様々な長さのDNA断片をポリアクリルアミドゲル電気泳動もしくはキャピラリー電気泳動により1bp単位で分離して解析します。
現在では、アデニン(A)、チミン(T)、グアニン(G)、シトシン(C)のターミネーターを別々の色で蛍光標識するダイターミネーター法が主流となっています。

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室