研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > ドラッグデリバリーシステム(DDS)

研究用語辞典トップに戻る

話題の用語ドラッグデリバリーシステム(DDS)

【ドラッグデリバリーシステムとは】

ドラッグデリバリーシステム(drug delivery system:DDS)とは、体内での薬物分布を制御することで、薬物の効果を最大限に高め、副作用を最小限に抑えることを目的とした技術を指します。

【DDSのメリットと種類】

DDSのメリット

薬剤が目的の場所に効率良く届くことで、的確な効果が得られます。また、投薬量の減少も期待できます。
投薬が必要な場所でのみ薬剤が働くので、副作用を抑えることができます。

DDSの種類

プロドラッグ
ある薬剤に別の分子を付加し、そのままの状態では薬効を示さないように作られています。
体内の酵素などにより、付加した分子が外れることで薬効を示すようになります。
アンテドラッグ
薬効を発揮した後、すぐに代謝・分解されるように工夫されているため、副作用が低減されます。
徐放製剤
長時間にわたって、一定量の薬物を放出するように工夫されています。

【DDSとナノテクノロジー】

原子・分子レベルで人工的に作られた物質を機器等に応用する技術をナノテクノロジーと言いますが、精密機器等での利用以外に医療分野でも応用が期待されています。
具体的には、ナノレベルの大きさで作られた輸送用の分子に薬剤を内包し、その動きを外部から制御することで目的の場所まで輸送するための研究や、特定の遺伝子をナノレベルの分子を用いて輸送することで、特定の部位での遺伝子発現を制御するなどの研究が進められています。
近い将来、ナノレベルの物質を利用したDDSが実用化されることが期待できます。

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室