研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > 緑色蛍光タンパク質(GFP)

研究用語辞典トップに戻る

話題の用語緑色蛍光タンパク質(GFP)

緑色蛍光タンパク質(green fluorecent protein:GFP)は、オワンクラゲが持つ蛍光タンパク質で、1960年代に下村脩によって発見されました。生体内では、イクオリンという発光タンパク質と複合体を形成しており、イクオリンが細胞内のカルシウム濃度を感知して発光するエネルギーがGFPに伝わることで緑色の蛍光を発します。

【GFPの有用性】

GFPは、紫外線などの励起光を照射することで単体でも蛍光を発すること、その際に酵素などの補助因子を必要としないこと、他のタンパク質との融合タンパク質としても機能を発揮することから、レポーター遺伝子として広く利用されています。これまで特定のタンパク質の細胞内局在を調べる方法としては、免疫染色が一般的でしたが、生きたままの細胞を扱うことはできませんでした。
それに対し、GFPは試料に励起光を照射することで検出できるので、生きたままの細胞内でタンパク質の局在を調べることができます。特に、細胞内のシグナル伝達に関わるタンパク質の局在を調べるために必要不可欠なツールとなっています。
また、最近ではシアン色の蛍光を発するCFPや、黄色の蛍光を発するYFP、赤色の蛍光を発するDsRedなどがGFPと同様に汎用されています。 このようにGFPは医学、生物学にわたる幅広い分野において活用され、様々な新知見をもたらしたことから、GFPを発見した下村 脩氏は2008年にノーベル化学賞を受賞しました。

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室