研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > オーファン受容体

研究用語辞典トップに戻る

化学系の用語オーファン受容体

全ての生物体内では、様々な情報伝達が行われています。
生物間での言語などを用いた情報伝達とは異なり、体内ではホルモンなどの低分子物質やタンパク質が情報伝達を担っています。
一般的には、ホルモンなどの情報伝達物質(リガンド)がその特異的な受け取り手(受容体)に結合することにより情報が伝達され、数段階の連続的な情報伝達を経た後、最終的には様々な遺伝子発現の誘導などへとつながります。

【オーファン受容体とは】

従来の情報伝達に関する研究は、リガンドとなる物質に対して特異的な結合能力をもつ受容体分子を探索する手法が主流でした。つまり、情報伝達を担うリガンドがまず先に発見され、次にその受容体を探すという順番です。
しかし近年、受容体研究の進展とゲノム情報の蓄積に伴い、受容体の局在場所や性質、受容するリガンドの種類によって、その遺伝子配列に共通性があることが明らかになってきました。
その結果、リガンドが発見される前に遺伝子配列の情報から何らかの受容体だと想定される分子が見つかるようになってきました。このリガンド不明の受容体をオーファン(孤児)受容体と呼びます。

【オーファン受容体の重要性】

ヒトを含む多くの生物でオーファン受容体に関する研究が進められた結果、これまで詳しい作用が明らかにされていなかった物質をリガンドとするものや、既に知られているリガンドの異なる情報伝達を担うものなど、新発見につながるものが次々と発表されました。
これを受けて、特に医薬品業界ではヒトのオーファン受容体の解析及びリガンド探索に関する研究が活発化し、全く未知の作用機序を持つ新しい薬の開発が期待されています。

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室