研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > サイズ排除クロマトグラフィー

研究用語辞典トップに戻る

バイオ系の用語サイズ排除クロマトグラフィー

【サイズ排除クロマトグラフィーとは】

サイズ排除クロマトグラフィーとは、分子サイズの違いによってカラムへの担持(何らかの物質に触媒物質がのっている状態)時間が変わってくる性質を利用し、分離・精製をする方法です。

【原理】

サイズ排除クロマトグラフィーに使用されるカラムには、固定相として小さな穴(細孔)の空いている担体が用いられます。この細孔に分子が入りこんでいる時間の違いによって分子量の異なる分子を分離・精製することができます。
小さい分子は細孔の内部に深く入り込みながらカラムの中を移動するため、カラムから溶出されるまで長い時間を要しますが、大きな分子になるにつれて細孔の内部には入りにくくなり、その分早くカラムから溶出されることになります。この時間差を利用して、分子量の異なる分子を分離・精製します。

【実用動向】

サイズ排除クロマトグラフィーは、移動相が有機溶媒であるゲル浸透クロマトグラフィー(GPC: Gel Permeation Chromatography)と、移動相が水溶液であるゲルろ過クロマトグラフィー(GFC: Gel Filtration Chromatography)とに分けることができます。
一般的にGPCは有機溶媒に溶解可能な物質に対して使用されるため、有機合成の産物や材料分野で利用される高分子化合物などの分離に利用されています。一方でGFCに関しては、担体としてデキストリンゲルやアガロースゲルなどを使用し、タンパク質など生体分子の分離・精製方法として利用されています。

サイズ排除クロマトグラフィーの原理
研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室