研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > ラジカル

研究用語辞典トップに戻る

化学系の用語ラジカル

【ラジカルとは】

ラジカル(radical)とは、不対電子を持つ原子や分子を指します。
通常、電子は二つずつ対になって(共有電子対)同一軌道上に存在していますが、熱や光などの強いエネルギーによる電子の移動や、化学結合の解裂などによって不対電子ができ、ラジカルとなります。ラジカルは共有電子対を形成していないため、極めて不安定かつ反応性の高い状態の分子種です。そのため、中性で温和な反応条件で反応が進行する、位置選択性が高いなど通常の化学反応とは異なる反応性を示します。
また、ラジカルは非ラジカル種と反応する際に電子を奪い取って安定化するため、反応後には新たなラジカルが発生します。新たに発生したラジカルはさらに次の標的分子から電子を奪い取るため、反応が連鎖的に進行します。
これを「ラジカル連鎖反応」と呼び、この反応はラジカル同士で電子を授受することで終了します。
こういったラジカル種に特有の反応性は、ラジカル開始剤やラジカル除去剤などで制御可能であり、有機化学の分野では研究室レベルから工場レベルまで幅広く利用されています。

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室