研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > RT-PCR法

研究用語辞典トップに戻る

バイオ系の用語RT-PCR法

RTとはReverse Transcriptionの略で、逆転写を意味します。
逆転写とは、RNAを鋳型としてDNAを合成することで、逆転写により合成されたDNAをcDNA(cは“相補的”を意味する“complementary”の頭文字です。)と呼びます。
RT-PCRは、cDNAを用いてPCRを行う方法です。
本手法により、タンパク質をコードする遺伝子を選択的に増幅したり、少量しか存在しないmRNAを増幅して解析に使用することが可能となりました。また、遺伝子発現解析の手法としても利用されています。
DNAを増幅する最の基本的な原理は通常のPCRと同じです。
逆転写の過程も含めたRT-PCRの原理を下図に示しています。

RT-PCR法
研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室