研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > サザンブロッティング

研究用語辞典トップに戻る

バイオ系の用語サザンブロッティング

【サザンブロッティングとは】

サザンブロッティング(Southern blotting)とは、放射性同位体や酵素などで標識した短いDNA配列をプローブ(探針)として、プローブと相補的な塩基配列を持つ DNA 断片を特異的に検出する手法です。

【目的と原理】

分子生物学的な実験を行う際、目的の塩基配列を増幅させたり、制限酵素によって切断しプラスミドに導入して発現させたりなど、様々な方法でDNAを扱います。
その際、ある特定のDNA配列に関して、サンプル中に存在しているのか、長い配列の中のどこに位置しているのか、配列が壊れているのか、維持されているのか、などを把握しなくてはいけません。
そのために、目的の塩基配列のみを特異的に検出する「サザンブロッティング」を行います。
具体的には、まず何らかの制限酵素で処理したDNA断片をアガロースゲル(アクリルアミドの場合もある)で電気泳動した後に、ニトロセルロースやナイロンの膜(メンブレン)へ、拡散もしくは吸引によって転写(ブロット)します。
転写後の膜に、検出したいDNA配列と相補的な塩基配列をもつプローブ配列を結合(ハイブリダイズ)させ、目的のDNA配列のみを検出します。使用するプローブは通常、放射性同位体標識もしくは発色酵素標識されており、それぞれの標識に応じた検出方法があります。

【由来と派生】

サザンブロッティング法は、開発者の エドウィン・サザン(Edwin M. Southern)の名にちなんで名づけられました。サザンブロッティングの開発後、目的のRNAのみを検出する方法、目的のタンパク質のみを検出する方法が開発されましたが、それらの実験手法は、サザン(南)ブロッティングから派生して、ノーザン(北)ブロッティングウェスタン(西)ブロッティングと名づけられ、汎用されています。

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室