研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > ゲノム

研究用語辞典トップに戻る

バイオ系の用語ゲノム

【ゲノムとは】

ゲノムとは、「ある生物をその生物たらしめるのに必須な遺伝情報」として定義されており、gene(遺伝子)+ -ome(総体)= genome (ゲノム)をあわせた造語です。
ほとんどの生物はDNAがその情報を担っています。DNAはグアニン、シトシン、アデニンおよびチミンという4つの塩基の並びによってさまざまな情報をコードしています。
遺伝子を扱う研究技術が進歩するにつれ、遺伝情報のもとであるDNAの全配列を決定することで、生物の多様性に関して重要な知見が得られるではないかと期待されました。そのため、ヒトゲノムをはじめ、様々な生物のゲノム解読計画(ゲノムプロジェクト)が大規模に実施されています。
その過程で、ゲノムと遺伝子について研究する分野も生まれ、「ゲノミクス」と呼ばれています。近年、さまざまな生物でゲノム解析が進み、その情報が次々と明らかになっています。2003年にはヒトのすべての塩基の並びが解明され、ヒトは2万個以上の遺伝子から成り立っていることが明らかとなりました。

【ゲノムの次は?】

特定の生物種の全てのゲノム情報が次々に明らかになっていく中で、その量がヒトをはじめとする高等動物と昆虫のような比較的下等な動物とで、予想していた以上の差がないということがわかってきました。
そこで、次の段階として遺伝子がmRNAへと転写される段階で生物種による差が生じ、多様化するのではないかと考えられました。その転写レベルでの変化を解析する手段として、マイクロアレイ解析などの技術が開発、汎用されるようになりました。

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室