研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > XRF

研究用語辞典トップに戻る

化学系の用語XRF

【XRFとは】

元素に一定以上のエネルギーをもつX線を照射することによって、その物質を構成する原子の内殻の電子が励起されます。その際、外殻の電子が内殻に遷移し、蛍光X線が放出されます。
その波長は内殻と外殻のエネルギー差に対応しており、元素の種類によって固有の波長となります。このことから、(蛍光X線元素分析:X-Ray Fluorescence analysis)を使用して蛍光X線のエネルギーを実験的に求めることにより、測定試料を構成する元素の分析を行うことができます。また、そのX線の強度を測定することにより、目的元素の濃度を求めることも可能です。

【実用動向】

市販のXRF装置は、エネルギー分散型分析装置と波長分散型分析装置に大別され、前者は検出器自体がX線のエネルギー分析機能を持つ半導体検出器を利用し、後者はブラッグの法則を利用した結晶分光器を用いてエネルギー分析を行います。
蛍光X線分析法は、固体、液体などの性状を問わず様々な物質の測定が可能であるため、鉱物や金属、生物学試料の組成分析に広く用いられ、製造現場で広範囲に利用されています。

XRFの構図
研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室