研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > ピペット操作

研究用語辞典トップに戻る

バイオ系の用語ピペット操作

ピペットとは、少量の液体を、1マイクロリットル〜50mlの比較的少量測るときに用いる実験器具のことです。
極微量のサンプルを正確に測り取り、実験に使用する技術は、化学系・バイオ系に限らず、自然科学全般の実験において最も初歩的なものであると同時に、何度同じ実験を行っても必ず同じ成果が出るという、実験の「再現性」を得るうえで最重要な技術であるといえます。

【ピペットの種類】

マイクロピペットの一例ピペットには、駒込ピペットに代表される簡易的で測定精度の低いものから、簡易的で汎用性がありながら、微量域での精度が比較的高いマイクロピペット、精度が極めて高いが、取り扱いに注意が必要なメスピペット、ホールピペットといったガラスピペットが代表的なものとして挙げられます。
プラスチックを溶かしてしまう可能性のある薬品の使用が多い化学系の分野では主にガラスピペットが使用され、DNAやタンパク質など極微量の物質を頻繁に扱う分子生物学の分野では、先端のプラスチックチップが簡単に交換可能なマイクロピペットが汎用されます。
最近では、ピペットの先端を極めて細くすることが可能になったことで、顕微鏡下で細胞に直接DNAを注入することなども可能になり、汎用されるようになりました。

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室