研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > アルコール

研究用語辞典トップに戻る

化学系の用語アルコール

【概要】

化学においてのアルコールとは、炭化水素のHを水酸基OHで置換した形の化合物のことをいいます。消防法では炭素数3までの飽和1価アルコール(変性アルコールを含む)を対象としています。

【性質】

代表的なアルコールのメチルアルコール(メタノール)、エチルアルコール(エタノール)、n-プロピルアルコール、イソプロピルアルコールの性質は表.1の通りです。

表.1 代表的なアルコールの性質

種類 形状 性質
メチルアルコール
CH3OH
別名 メタノール、木精
略表記 MeOH
無色透明で芳香のある液体 比重0.79 沸点65℃
引火点11℃ 発火点385℃
燃焼範囲(爆発範囲)6.0~36容量%
蒸気比重1.11
水、エチルアルコール、ジエチルエーテル、その他多くの有機溶剤とよく混ざる。有機物をよく溶かし揮発性がある。毒性がある。
エチルアルコール
C2H5OH
別名 エタノール、酒精
略表記 EtOH
無色透明で特有の芳香と味をもつ液体 比重0.79 沸点78℃
引火点13℃ 発火点363℃
燃焼範囲(爆発範囲)3.3~19容量%
蒸気比重1.59
水または多くの有機溶剤とよく混ざるほか油脂などを溶かす。揮発性を有し、毒性はないが麻酔性がある。
n-プロピルアルコール
C3H7OH
別名 1-プロパノール
略表記
無色透明の液体 比重0.79 沸点78℃
比重0.8 沸点97.2℃
引火点23℃ 発火点412℃
燃焼範囲(爆発範囲)2.1~13.7容量%
蒸気比重2.1
水、エチルアルコール、ジエチルエーテルによく溶ける。

【活用例】

科学あるいは産業の領域で、アルコールは試薬、溶媒そして燃料として広く使用されています。最先端技術の領域では、ガソリン、あるいは有害な排気ガスを発生させる炭化水素の代換品として、よりクリーンに燃焼するエタノールやメタノールを使用する技術が確立されました。また低い毒性と非極性物質を溶解させる性質により、エタノールは医薬品、香水、バニラのような植物エッセンスの溶媒としてしばしば使用されます。 低分子のアルコールは、化粧品、食品あるいは工業用溶剤として利用されます。高分子のものはバイオ燃料として重要視されています。

【合成ルート、作製・精製方法】

多くのアルコールが、酵母を使って果実や穀物を発酵させることによって得ることができます。これらのうち、エタノールだけが発酵法で商業的に生産され、燃料や飲料の用途向けに用いられています。他のアルコールは、天然ガス、石油あるいは石炭の副産物から工業的に生産されています。直鎖で炭素が偶数個の高級アルコールは、油脂を加水分解して得られる脂肪酸を還元することで製造されます。最も単純なアルコールであるメタノールは、触媒の存在下で一酸化炭素を水素で還元すると得られます。

【取扱い注意点】

炭素数3までの飽和1価アルコール(変性アルコールを含む)は、消防法において危険物第4類引火性液体アルコール類の対象となります。指定数量は400Lで、取扱量によって市町村等への届け出、管理(危険物保安監督者の選任など)、表示義務等の規制があります。
メタノールは揮発性が高く、メタノールの入った容器を直接火にかけると爆発する恐れがあるため、保管場所・使用場所における火気や電気火花について念入りに注意しなければいけません。特に使用する場所では十分な換気と、容器を倒さないこと、液をこぼさないことに注意が必要です。
エタノールはメタノールのような毒性はありませんが、揮発性・引火性はメタノールと同様なので、火気との接触がないよう取扱いには十分注意する必要があります。

【参考文献】
奥吉新平、福井清輔(2007) 「これだけ!甲種危険物試験合格大作戦」弘文社

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室