研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 >翻訳

研究用語辞典トップに戻る

バイオ系の用語翻訳

【翻訳とは】

翻訳は、転写で合成されたmRNAからタンパク質を合成する過程である。翻訳はリボソーム上で行われる。

【翻訳のプロセス】

(1)tRNAにそれぞれ対応するアミノ酸を結合(アミノアシル化)される。
(2)開始コドンに最初のtRNA(メチオニンが付加されている)が結合して翻訳を開始する。
(3)その後、順番にコドンに対応するアミノ酸が結合されたtRNAをその一つ前のアミノ酸を連結させペプチド鎖を伸長させる。
(4)終始コドンがくると、tRNAがポリペプチドを切り離し、翻訳が終了する。

本来は細胞内での反応を指すが、細胞によらずに同様の反応を引き起こす無細胞翻訳系も開発されている。

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室