研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 >転写終結

研究用語辞典トップに戻る

バイオ系の用語転写終結

【転写終結とは】

転写はRNAポリメラーゼによって行われ、プロモーター配列を認識し転写が開始される。そして、ターミネーターで転写が終結する。
では一体、どのようにして転写が終結するのか大腸菌の場合を例にとって説明する。大腸菌の場合、遺伝子のORF(タンパク質をコードする領域)が終わってしばらくすると、GとCが多い逆意反復配列が現れ、 それに引き続きTの並んだ配列が現れる。
転写されたmRNAはGとCに富む逆意反復配列部分で部分的な2本鎖構造(ヘアピン構造)を形成する。大腸菌のRNAポリメラーゼは自らが合成したmRNAがヘアピン構造をとるとRNAポリメラーゼはDNA鎖から外れる(図a)。
しかし、mRNAが形成するヘアピン構造がRNAポリメラーゼをDNA鎖から外すほどの十分に安定な大きさでないような場合、ρ因子と呼ばれる因子がDNA鎖からRNAポリメラーゼを外す手助けをする(図b)。
ρ因子の手助けなしでRNAポリメラーゼが外れてしまうのをρ因子非依存的転写終結といい、一方で、ρ因子が必要であるものをρ因子依存的転写終結という。

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室