研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 >胚性幹細胞(ES細胞)

研究用語辞典トップに戻る

バイオ系の用語胚性幹細胞(ES細胞)

【胚性幹細胞(ES細胞)とは】

着床前の胚盤胞期胚中に存在し、将来胎児を形成する内部細胞塊(ICM)から樹立された細胞株で、外胚葉、中胚葉、内胚葉のどの胚葉系にも分化できる多分化能を有している。
また、分化抑制物質の存在下、またはフィーダー細胞との共培養により正常な核型を保持しながら、未分化のままでの増殖・培養が可能である。

・受精卵の一段階である胚盤胞から取り出した内部細胞塊から単離された細胞。
・様々な組織や臓器の細胞に分化する能力(多分化能)を持ち、 ほぼ無限に増殖させる事が出来るため、再生医療への応用に注目されている。
・ES細胞の採取には受精卵を用いるため倫理的な問題を抱えている。

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室