研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > 殺菌と滅菌

研究用語辞典トップに戻る

バイオ系の用語殺菌と滅菌

【殺菌とは】

殺菌とは病原性や有害性を有する糸状菌、細菌、ウイルスなどの微生物を死滅させる操作のことをいう。
病原体の除去(感染症の予防)、食品の鮮度保持、などが主な目的である。また、除菌とは対象物から菌を減らすことである。

【滅菌とは】

滅菌とは有害・無害を問わず、増殖性を持つあらゆる微生物(主に細菌類)を完全に殺滅又は除去する操作のことをいう。

・乾熱滅菌
ガス式または電気式の機械である。乾燥させたまま160〜180℃くらいの熱で滅菌を行う。ガラスや金属製品などの滅菌に幅広く使用されている。

・蒸気滅菌
オートクレーブが用いられる。2気圧の飽和水蒸気によって温度を121℃に上昇させ、15-20分間処理することで、対象物の水分を保持したまま、しかも乾熱滅菌より低い温度、短い時間で滅菌を行うことが可能である。

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室