研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > 電気伝導率

研究用語辞典トップに戻る

化学系の用語電気伝導率

【電気伝導率とは】

電気伝導率(導電率、電気伝導度)は、どの程度電気を通しやすいかを表す指標となる値です。中学理科では電気の通しにくさ(電気抵抗)を学習し、その単位はオーム(Ω)でした。このΩの逆数(電気抵抗の逆数=電気の通しやすさ)をSI単位系ではジーメンス(S)という単位で表します。しかし、一般的に電気伝導率を表す場合、Sではなく単位長さ当たりの量である比伝導率Sm-1(S/m)を用いて表します。単位長さ当たりで電気伝導率を表す方が、物質の性質を示すのに都合がよいためです(図1)。導電率計の目盛としてはmS/cmやμS/cmが多く用いられています。
導電率計は、2つの電極間に交流電圧をかけて電気伝導率を測定する装置です。水の電気伝導率はイオン性の不純物が多いほど上昇するため、水の汚れ具合を反映する重要な水質監視項目となっています。この他、導電率計は海水や食品中の塩分含量の測定、大気中の二酸化硫黄濃度測定などに応用されています。ラボではイオンクロマトグラフ装置の検出器に用いられている場合があります。この際、予めサンプルや溶離液中の電気伝導率やpHを調節することにより物質のカラム吸着量や溶出量をモニターしたり制御する目安として用いられることがあります。

<図1>

電気伝導率

【参考文献】

津村ゆかり (2009) 「図解入門 よくわかる 最新分析化学の基本と仕組み」 (株)秀和システム pp.204-205

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室