研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > イオン交換水

研究用語辞典トップに戻る

化学系の用語イオン交換水

【イオン交換水とは】

水道水にはいくつもの不純物が含まれているため、化学実験等でそれを直接使用すると、その不純物の影響により誤差が生じてしまいます。そこで、水道水に含まれる不純物を取り除く必要があり、その際に使用されるのがイオン交換樹脂です。これは、溶液中のイオン性不純物と樹脂内のイオンとを交換するもので、この樹脂によって不純物が取り除かれます。この取り除かれた水をイオン交換水と呼びます。

【原理 (食塩水の場合)】

食塩水をイオン交換樹脂に流した場合、下記の様にして純水が生成されます。

イオン交換水

食塩水NaClを陽イオン交換樹脂に入れると、溶液中のNa+と樹脂中のH+とが交換されて塩酸HClになります。これを陰イオン交換樹脂に入れると溶液中のCl-と樹脂中のOH-が交換されて水H2Oとなります。

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室