研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > 二次代謝物

研究用語辞典トップに戻る

化学系の用語二次代謝物

【二次代謝物とは】

二次代謝物とは二次代謝の結果、産生された化合物などのことをいいます。
また、酵素などの働きによる化合物の一連の変換反応を代謝といいます。一次代謝は生命体にとって必須な細胞の増殖や恒常性維持に関与する代謝、二次代謝はそれ以外のものを指します。したがって、二次代謝がなくても、生命体は生存することができます。
二次代謝物の例としては、微生物における抗生物質の産生反応や植物における色素産生反応などが挙げられます。二次代謝物には医薬品のシードに応用されているものもあり、日々、研究が行われています。

【二次代謝物として知られるもの】

・アベルメクチン
1974年に大村智(北里大学)氏らにより放線菌が産生する抗寄生虫薬アベルメクチン(図1)が発見されました。アベルメクチンは誘導体を含め、ウシやブタなどの家畜動物およびイヌやネコなどのペット用の薬剤として用いられています。また、アベルメクチンの誘導体から創られたヒト用の抗寄生虫薬イベルメクチン(メクチザン)(図2)はWHO/TDR(世界保健機関−熱帯病研究特別計画)指導の下、糞線虫症や熱帯病オンコセルカ症およびリンパ管フィラリア症の治療に用いられています。現在では、生産菌がどのようにしてアベルメクチンを細胞内で産生するメカニズムも明らかになっており、アベルメクチン生合成に関与する遺伝子群を操作して、自由自在に新規化合物を産生することが可能になりつつあります。

<図1:アベルメクチン (愛玩動物用) >

図1:アベルメクチン (愛玩動物用)

<図2:イベルメクチン (ヒト用) >

図2:イベルメクチン (ヒト用)

【参考資料】

・入門 ケミカルバイオロジー
発行所:オーム社
編集:入門ケミカルバイオロジー編集委員会 P.18〜20、183

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室