研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > 致死量

研究用語辞典トップに戻る

化学系の用語致死量

【致死量とは】

毒の強弱ををあらわすものとして致死量があります。図1は致死量をグラフに表したものです。横軸は検体に飲ませた毒物の量を表し、縦軸はその結果死亡した検体の割合を表しています。服用させた毒が少ない間は死亡しないが、ある量を境にして検体が死亡し始めます。このときの最小値をLD0といいます。
そして、投与量を増やしてゆき被検体の50%が死亡する服用量を50%致死量LD50、さらに投与量を増やしてゆき、最終的に被検体の100%が死亡した服用量を完全致死量LD100とよびます。したがって、致死量が少ない毒ほど強力な毒であることを表しています。このような実験は通常、マウスなどの小動物を用います。
体重が100g程度のマウスや数kgのイヌなどを用いた実験では、致死量と体重の間に相関関係が成り立つことがわかります。そのため致死量は1kg当たりの量で表され、例えば体重65kgの成人に当てはめて考える場合は65倍にする必要があります。
一般的に用いられる値はLD50ですが、単純に『経口致死量』といわれる量を用いることもあり、これは定義がはっきりしないものの『成人男子が命を落とす量』として捕らえられています。
また、検体として用いた動物の種類によって、同じ毒物でも致死量は異なります。致死量は必ずしも科学的に正確な値とは限らず、投与される検体によって異なるため、比較する場合にもその生物の特性を考慮して扱わなければなりません。

図1:致死量

致死量

【参考図書】

バイオ研究者が知っておきたい化学の必須知識
発行所:株式会社羊土社
著者:斉藤勝裕 P.144〜145

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室