研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 >総量分析

研究用語辞典トップに戻る

化学系の用語総量分析

【総量分析とは】

化学物質は完全に同じ構造でなくても、似た構造をもつものどうしは似た性質を示します。単一の化学種ごとに分離せず、似た性質をもつ物質をまとめて測定する方法を総量分析と呼びます。
似た性質をもつ物質をまとめて測定するのは、簡便であり時間・費用ともに抑えられるのが最大の利点です。しかし、想定外の物質を発見できるという利点もあります。これは、大まかなくくりごとに分析することで、化学種ごとに厳密に分析する場合には見落としがちな想定外の異常や汚染が発見しやすくなる場合があるためです。そのため、環境規制・環境モニタリングや品質管理において汎用されています。

【主な総量分析】

主な水質分析は表1に示しました。この中でTOCは排水や環境水のような混合成分の多い水の汚染指標としてのみでなく、化学分析に用いる蒸留水や超純水の純度の指標としても用いられています。
また、食品分析で用いられる糖度測定も総量分析の一種です。糖度計は屈折率を計ることにより糖度を算出していますが、これは砂糖水が水より大きな屈折率をもつことを利用して測定されています。糖以外にも塩類、タンパク質、酸など様々物質を含む水も屈折率が異なるため、これらを含むサンプルを糖度計を用いて測定することが可能です。
この他、環境の水質監視に用いられる電気伝導率測定、SPM(浮遊粒子状物質)の濃度測定に用いられる光散乱法、エステル(主に油脂)の平均分子量を推定するためのけん化価測定などがあります。

【表1.水質測定に用いられる総量分析 】

名称 略称 測定法
化学的酸素要求量 COD 過マンガン酸カリウムまたはニクロム酸カリウムの消費量を測定して酸素量に換算
全有機体炭素量 TOC 燃焼によってCO2を発生させ、その量から測定 全炭素量から全無機体炭素量を除く
生物化学的酸素要求量 BOD 20℃で5日間暗所に静置して好機性微生物により消費される酸素の量を測定
全酸素消費量 TOD 試料を燃焼させ、試料中に有機物の構成元素である炭素、水素、窒素、硫黄、リンなどによって消費される酸素の量を測定
研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室