研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 >フェロモン

研究用語辞典トップに戻る

化学系の用語フェロモン

【フェロモンとは】

動物・植物・微生物において、体外に分泌され同種の他個体に作用して、ある特定の行動や生理的変化を起こす化学物質のことをいいます。例えば、昆虫は様々なコミュニケーション手段を備えており、鳴き声で聴覚を、発光や翅の模様は視覚を介したコミュニケーションとして利用されています。コミュニケーションツールの中でも、嗅覚に作用する匂い化合物は一般にフェロモンと呼ばれています。

【フェロモンして知られているもの】

● 性フェロモン
異性を誘引して交尾行動を誘引するといった配偶行動に影響を与えるフェロモンは性フェロモンと呼ばれています。ファーブ(1823〜1915年、仏)により発見され、その後、ブテナント(1903〜1995年、独)らによってカイコガより単離され、構造が決定されたボンビコールも性フェロモンの一種です。これまでに約570種類のガ類昆虫の性フェロモン成分が同定されており、その主なものは、炭素数が10〜18の直鎖脂肪族化合物であり、0〜3個の二重結合と末端に酸素を含む官能基をもつアルコール、アルデヒド、酢酸エステル、またはエポキシ化合物といった非常に単純な構造の低分子有機化合物です(図1)。

● 集合フェロモン
この集合フェロモンについては、チャバネゴキブリを用いた研究が盛んに行われており、雌雄、成虫、若虫を問わず集合を引き起こすフェロモンであることが知られています。

● 警報フェロモン
アブラムシ、アリなどがもつことで知られているフェロモンです。捕食者、侵入者などにより危険が生じた場合に同種の他個体へ危険を知らせるフェロモンです。

●道しるべフェロモン
シロアリのような社会性昆虫がもつことが多く、巣から餌場までの道筋を迷わなくするための標識として用いられるフェロモンです。

【図1:ガ類の性フェロモン】

図1:ガ類の性フェロモン

【参考資料】

入門 ケミカルバイオロジー / 発行所:オーム社 / 編集:入門ケミカルバイオロジー編集委員会 / P.48〜52, 184

 

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室