研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 >ステイロイド

研究用語辞典トップに戻る

バイオ系の用語ステイロイド

【ステロイドとは】

ステロイド骨格という3つのイス型6員環と1つの5員環が繋がった構造をもつ化合物の総称であり、共通した骨格の側鎖である官能基の種類によって、多様な生理活性が示されます。
私たちの生活の中でよく耳にするコレステロールもステロイドのひとつです。コレステロールは細胞膜の維持などに加え、ステロイドホルモンの生合成の前駆体として重要な働きを担っています。哺乳類では、コレステロールから生殖器の発達などを制御する男性ホルモンであるテストステロンやエストロン、妊娠の調節等を行う女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンなどが合成されることがわかっています。また、昆虫のもつ脱皮を制御するエクダイソンもステロイド化合物として知られています。
さらに、米国や日本で新規の植物成長因子を探索する計画が立ち上がったのをきっかけに、1970年代後半になると植物にもステロイド骨格をもつ生理活性物質が存在することが明らかになりました。そして1980年前後に、米国ではセイヨウアブラナの花粉から得られたブラシノライド、日本ではクリの虫こぶ(樹木の中で幼虫が育つときにできる樹木の細胞塊のカルス状のこぶ)から得られたカスタステロンがステロイド骨格をもつことが明らかとなったのです。現在では、植物から40種類以上の類縁化合物が同定されており、ブラシノステロイドと総称されています。
以上のように、ステロイドは哺乳類から植物まで広く保存されているのです。

ステイロイド

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室