研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 >培地

研究用語辞典トップに戻る

バイオ系の用語培地

【培地とは】

細胞や微生物が成長しやすいよう人工的に作られた環境のことをいいます。 寒天などで固められた固体培地や、液体状で存在する液体培地などがあります。 また、どのような細胞・微生物を生育させるかにより、培地の種類は異なってきます。

【原理】

培地に含まれる成分は何を生育するかにより様々ですが、一般に窒素化合物、硫黄化合物、ハロゲン化合物、リン酸化合物、鉄が含まれます。これらは主に培地源といわれ、この他にもオーキシンやカイネチンなどの植物ホルモン、スクロース等糖、ビタミンも含まれます。

【使用方法】

使用される溶媒は、逆浸透等の純度の高い水(イオン交換水以上の純水)で、培 地源やホルモン、糖などを加えた後、培地のpHを5.7に調整します。その後、 それが固体培地の場合、寒天等の固化剤を加えますが、液体培地の場合は必要 ありません。そして、コンタミネーションを防ぐため、オートクレーブにかけて高温・高 圧滅菌を行います。 固体培地の場合、オートクレーブから取り出してしばらく冷ました後、クリーンベンチ 内で、シャーレに撒いて固まるのを待ちます。 尚、耐熱性が低い物質を培地に加える場合、オートクレーブから取り出した後、同じ くクリーンベンチ内でフィルター滅菌等を用いてその物質を加えます。

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室