研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > pHメーター

研究用語辞典トップに戻る

化学系の用語pHメーター

【pHメーターとは】

pHメーターは溶液中のpHを測るための装置で、pHとは溶液中の酸性・アルカリ(塩基)性の度合いを数値化したものであり、0〜7までを酸性、7〜8を中性、8〜14をアルカリ性とします。

pHメーター

【原理】

pHメーターにはガラス電極と比較電極が存在し、ガラス電極は電極をガラス薄膜で覆ったもので、中はpH7.0に調整した塩化カリウム(KCl)で満たされています。ガラス電極内外の溶液のpHが異なることで起電力(pHが1異なると約60mV)が生じ、ガラス電極外の溶液(pHを求めたい溶液)に比較電極で浸けて、発生した起電力を測定することでその溶液のpHを求めます。

pHメーター

【使用方法】

pHメーターはその溶液のpHを求める際に使われますが、特定のpHに調整したい場合にも使われます。いずれの目的であれ、その溶液に電極を浸けるだけで、後はコンピュータが自動的にpHの値を計算してくれます。ただし、電極の管理には注意が必要で、測定する前と後で処理を行う必要があります。 通常、電極はKOHに浸された状態で保管されているため、まずはイオン交換水で電極を洗います。次に、電極の校正を行います。まず、あらかじめpH7.0に調整された標準液に浸け、イオン交換水で再度洗浄した後、今度はpH4.0に調整された標準液に浸け、値が安定するまで待ちます。値が安定したら校正は完了で、イオン交換水で再度洗浄したら、いよいよpHを測定したい溶液に浸け、pHを測定します。使用後は、イオン交換水で洗浄し、KOHに浸して終了です。

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室