研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > 緩衝液

研究用語辞典トップに戻る

化学系の用語緩衝液

【緩衝液とは】

酸や塩基を加えてもpHがあまり変化しない溶液を緩衝液といいます。
生体内では細胞内液や血漿が緩衝液として働いており、pHを一定にすることで生体内の化学反応条件を一定に保っています。緩衝作用が起こる仕組みを、リン酸緩衝液を例に説明します。

リン酸緩衝液では、(式1)の酸解離平衡が成立しています。

(式1)

この系にが添加された場合、は塩基であると結合してになり、溶液中の濃度はあまり上昇しません。すなわち(式1)の平衡は左へずれます。
この系にが添加された場合、(式2)のように酸であると反応してとなるため、溶液中の濃度はあまり上昇しません。すなわち、(式1)の平衡は右にずれます。

(式2)

(式1)、(式2)の反応は、溶液中に酸と塩基が共存し、相互間の平衡が成り立ってはじめて起こる現象です。したがって、緩衝作用は弱酸とその共役塩基、あるいは弱塩基とその共役酸を含む溶液中で起きます。

研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室