研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > GC(ガスクロマトグラフィー)

研究用語辞典トップに戻る

化学系の用語GC(ガスクロマトグラフィー)

【GCの特徴】

GC(Gas Chromatography)は、主に気体試料の分析に用いられます。
HPLCと比較して高い分解能が得られ、かつ検出感度も高いことが特徴です。
HPLCよりも試料を分離しやすく、迅速に分離できるなどの利点があるのですが、分析時は常に高温にさらされるので、不揮発性の物質や熱に弱い物質は分析できないという欠点があります。また、質量分析(GC/MS)を検出法とすることにより、機能性、応用範囲が格段に広がります。
熱に強い物質 例)有機化合物、ダイオキシン、アルコール、香気成分

【GCの原理】

微粒子等(充填剤)を詰込んだ筒状のカラムに、キャリア・ガスと呼ばれる不活性ガス(N2,Hなど)をたえず流すことにより、カラムの物理的性質によって試料が成分毎に分離されます。そして、検出器で出口ガスの濃度を測れば、クロマトグラムが得られる仕組みになっています。

代表的な検出器は以下の4つが挙げられます。

熱伝導度検出器 TCD(thermal conductivity detector)
水素炎イオン化検出器 FID(flame ionization detector)
電子捕獲型検出器 ECD(electron capture detector)
フレーム光度型検出器 FPD(flame photometric detector)
GCの概念図

【実用動向】

食品中の香気成分・異臭成分の分析や環境の分野においては、室内空気汚染物質大気中の有害揮発性物質(HAPs)、作業環境大気有機溶剤、土壌汚染・揮発性有機物の測定、工業材料中の揮発成分の分析、フロン含有廃棄物の分析などに用いられます。
また、医薬品分野では製剤中の残留溶剤分析、高分子化学・工業化学の分野でポリマー中のモノマー、揮発性有機化合物分析、工業材料中の揮発成分の分析などに使用されています。

写真
研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室