研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > PCR法

研究用語辞典トップに戻る

バイオ系の用語PCR法

【PCR(Polymerase chain reaction)法とは】

PCR法(Polymerase chain reaction)は、1985年にMullisによって考案されたDNAの増幅法です。1988年に耐熱性のDNAポリメラーゼが導入されたことで実用化されました。PCR法はクローニングを必要とせず、プライマーを設計することでごく微量のDNAから特定のDNA断片を短時間で増幅できます。

PCR法は大きく次の3つの段階です。
(1)熱変性による2本鎖DNAの一本鎖への解離
(2)プライマーのアニーリング
(3)DNAポリメラーゼによるDNA鎖の伸長

その原理を下図に示しています。
PCR法は、その後の分子生物学、基礎医学、遺伝学、育種学、薬学の他に、臨床診断、犯罪捜査、考古学などの幅広い分野で応用され、これらの研究手法に一大改革をもたらしました。

PCR法
研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Powerd by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室