研究.net

研究.net ホーム > 研究用語辞典 > 高速液体クロマトグラフィー(HPLC)

研究用語辞典トップに戻る

化学系の用語高速液体クロマトグラフィー(HPLC)

【高速液体クロマトグラフィー(HPLC)とは】

混合している複数の物質を分離する方法をクロマトグラフィーといいます。
クロマトグラフィーではサンプルの中の物質が分離され、「何が含まれているのか(定性分析)」「どれくらいの量が含まれているのか(定量分析)」という2つを知ることができます。
クロマトグラフィーといっても様々なものがありますが、中でもサンプルを液体のまま分析するものを「液体クロマトグラフィー」、サンプルが気体のもの、もしくは液体を気体にさせて分析するものを「ガスクロマトグラフィー」といいます。
HPLCは前者に属し、高速液体クロマトグラフィー(High Performance Liquid Chromatography)といいます。

【分析対象】

液体状態で安定している試料がすべて分析対象となります。
無機イオンから有機化合物、低分子から高分子まで、イオン性、分子性を問わず多くの物質の定性・定量分析ができます。特に有機物の分析法として最も汎用かつ有用な分析法です。ガスクロマトグラフィーと同様に、質量分析(LC/MS)を検出法とすることができます。

【原理】

微粒子等(充填剤)を詰込んだ筒状のカラムに水や有機溶媒などの液体を流しながら、カラムの物理的性質にてサンプルの成分分離ができ、高圧に対応できるポンプや配管、微量分析に対応する高感度の検出器をそなえた装置です。代表的な検出器としては以下の通りです。
紫外可視検出器:UV-VIS(Ultra Violet-Visible Detector)
フォトダイオードアレイ検出器:DAD(Diode Array Detector)
示差屈折率検出器:RID(Refractive Index Detector)
電気電導度検出器:CD(Conductivity Detector)
蛍光検出器:FLD(Fluorescence Detector)
化学発光検器:CLD(Chemiluminescence Detector)

【実用動向】

環境分野では河川水中の農薬や環境ホルモンなどの分析に用いられます。
医薬品分野では、薬物動態試験や品質管理の手法として、食品や生体試料に含まれるアミノ酸、血中薬物濃度の測定、あるいは、医薬品中に含まれる各種の有効成分、食品添加物の試験法として最も有効な方法です。
さらに、高分子・工業化学分野では添加物や合成ポリマーの評価試験法に用いられています。

HPLC構成図
研究職の派遣・求人情報はWDB

バイオ・化学など研究職の求人情報を掲載中

新卒・第2新卒の研究職正社員はWDBエウレカ

研究職のキャリア形成を戦略的にサポートする

関連特許・関連文献の情報は、科学技術振興機構が運営する
J-GLOBALから情報提供を受けています。

Power by j-global

PAGE TOP
ホーム
企業R&Dデータベース
研究用語辞典
研究費公募情報
研究イラスト素材
お仕事図鑑
WDB.com 研究職人生をフルサポート eureka 新卒で研究職正社員になる! キワメ先生の進路相談室